イリスは2024年7月4日(木)~6月6日(土)の3日間、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催された「ロボットテクノロジージャパン2024」に出展。

 

イリスブースでは、Wiest AG社のLaserLAB ロボットキャリブレーションシステムをドイツから来日のメーカー開発責任者が自らデモ、ご説明。同時にBizLink社のTCP自動キャリブレーションシステムのデモも行い、多数のお客様にご来場いただきました。

 

 

展示製品


 


■Wiest AG社

<LaserLAB ロボットキャリブレーションシステム>
製造現場で使用しているロボットにおいて、メンテナンス時の部品交換や衝突等によりロボットのキャリブレーション/補正が必要になった際、Wiest AG社のLaserLABを使用することで現場にロボットを設置したまま、自動で迅速かつ高精度でロボットキャリブレーション/補正をおこなうことが可能となります。ロボットの停止による生産ラインのダウンタイムや作業工数の削減に貢献いたします。

 

 


 


■BizLink社

<Advintec(R) TCPセンサ>
ロボットによる製造工程の中で良品要件として常に課題とされるTCP(ロボットツールセンターポイント)の継続的な正しい動作位置の確保があります。その課題に対するソリューションとしてAdvintec(R) TCPセンサは製造工程の中で自動でロボットツールと治具の位置を測定、補正値を計算し、正しい位置への補正情報をロボットにダイレクトに伝えることで正しい位置でのロボットツール動作が確保できます。
また製造品質の改善だけではなく、不良品・手直し品、ダウンタイムの削減といったコストを抑えることが可能となります。

TCPセンサシステムはコンパクトで設置スペースをとらず、ロボットシステムへの組込みも簡単な為、既存のロボット製造工程にも容易に設置が可能で、溶接、切削、シーリング、搬送グリップ等様々なアプリケーションに利用ができます。

 

「ロボットテクノロジージャパン2024」は製造業など産業集積地「中部」で開催する、出展対象を製造現場や物流拠点で使用される「産業用ロボット」や産業用ロボットを組み込んだ装置・機器、AGV/AMRなどの無人搬送を利用した「自動化システム」に特化した展示会です。

 

今回多くの皆様から弊社取扱技術についての大きな関心とお引き合いをいただきまして、会期3日間を通し大盛況のうちに終了することができました。弊社ブースにご来場頂きましたお客様および関係者の方々に厚く御礼申し上げます。